ラストアイドルって知ってる?【アイドルに興味なくてもチェック!】

 

こんにちは、アイドル大好き歴100年ねこじまが熱く語るシリーズです。

 

といっても、今回紹介するグループは正直もともと守備範囲外でした。

 

わたくし、秋元康プロデュースのグループってそんなに興味がないんですよね(ねこじまは「ハロプロ」スタダがすき。)

 

だけど、そんな私でもハマってしまうグループが台頭しました。

 
www.tv-asahi.co.jp


そのアイドルとは、毎週土曜日の深夜24:05〜テレビ朝日で放送している番組に登場するラストアイドルです。

 

 

 

 

ラストアイドルってどんな番組?

シーズン1は、簡単に言うとアイドルオーデイション番組でした。(2017年8月〜12月放送)

 

あの秋元康が完全プロデュースする新グループ「ラストアイドルのメンバーになるべく、全国からアイドルになりたい女の子が出演し最終的にデビューできるという企画。

 

これだけ見ればよくありそうな企画です。

 

でも、ラストアイドルが今までの番組と違ったところは

  • デビューは半年後の12月
  • そのデビューまで毎週バトルでメンバーが入れ替わる(かも)

という残酷なルールが用いられているところでした。

 

 

番組のルールをくわしく説明

 ラストアイドルは第1回目のオーディションで7名の「暫定メンバー」が選出されており、デビュー曲『バンドワゴン』も用意されている。

 

 しかし、メジャーデビュー直前まで番組で行われる「バトル」の結果に応じてメンバーが入れ替わるという厳しいルールがとられている。

 

 番組には毎回オーディションで選ばれた「挑戦者」が登場する。挑戦者は暫定メンバーの中から1名を指名して、1対1でのパフォーマンスバトルを行う。

 

 審査員は4名だが、勝敗を選ぶのは、4人の中から「天の声」から指名された1名が独断で決定する。敗北した暫定メンバーはその場で即刻退場となり、勝利した挑戦者は破った暫定メンバーの立ち位置をそのまま引継ぎ、新たな暫定メンバーとして加入する。

 

 これを繰り返し、最後まで残ったメンバーが「ラストアイドル」としてデビューする。12月17日放送分が最終戦となり、正式メンバーが確定した。2017年12月20日「バンドワゴン」でメジャーデビュー。


ラストアイドル - Wikipedia

 

まぁごちゃごちゃした説明より、これがダイジェストで一番わかりやすいかと!

 
画像をクリックすると動画が始まります

【特別公開】「ラストアイドル」スペシャルダイジェスト

 

この過酷なルールに対し、最初のころは「アイドルになりたい女の子の夢を踏みにじるな!」「残酷すぎる!」という批判の意見が多かったように思います(ねこじま調べ)

 

だけど、途中からそんな批判の声も落ち着きました。

 

なぜかというと、敗戦したメンバーも「セカンドユニット」として違うグループに入れるようになったからです。

 

 対決に敗れた元暫定メンバーや、敗北した挑戦者を対象にセカンドユニットを結成している。

 

 負けた女の子の数に合わせユニットは増えていき、セカンドユニットは合わせて4つ作られた。

 

 ラストアイドルおよび4つのセカンドユニットを合わせてラストアイドルファミリー」と総称する。


ラストアイドル - Wikipedia

 

つまり、モー娘や°C-uteをまとめてハロプロと言ったり、AKB48NMB48を総称して「48グループ」って言うのと同じように、ラストアイドルに関しても大きな新しいアイドル組織が出来上がったんです。

 

 

ラストアイドルファミリーの紹介

ではそんなラストアイドルファミリーの5グループを、ねこじまの独断と偏見による一言も交えながら紹介してみますね。

 

ラストアイドル

画像をクリックすると動画が始まります

【MV】バンドワゴン/ラストアイドル

 

言わずと知れたラストアイドルファミリーの発端!番組の看板グループです。

 

この衣装を着てこの歌を歌いたくて、女の子は毎週涙の戦いを繰り広げました。

 

メンバーは、初期から残ったのは3人、あとは元挑戦者の4人で、合計7人組

 

ねこじま的ポイント

やっぱり、毎週半端ないプレッシャーを乗り越えてきたって言うだけでも加点してあげたい。よく頑張った!なグループ(親心)

 

ちなみに、長月翠ちゃんという立ち位置3番の女の子に関してかなりの炎上波乱があったので気になる人はぜひググってみて下さい私は数少ない、挑戦者の沖縄の女の子派でした(殺されそう)

f:id:nenenekojima:20180510111851j:plain
長月翠(ラスアイ&シューロケ) (@LI_CR_midori) 

 

 

Good tears

画像をクリックすると動画が始まります

【MV Short Ver.】涙の仮面/Good Tears

 

まさしく敗戦者の女の子たちの涙で作られたグループです。

 

アイドルといえど、割とふわふわ系ではなく芯のあるタイプの子が多い印象。

 

ラストアイドルメンバーの子が1人と、あとはみんな挑戦者として出演し、そのまま敗戦してしまった女の子たちの計5人で構成されてます。

 

 

ねこじま的ポイント

個人的にはパッとした子があんまりいないんだけど、そういうグループほどソロじゃない良さが活かされるので、今後に期待!なグループ。

 

あと、多分努力家が多そうなイメージあります。よって今後化けるとしたらこのグループが1番面白い気が。

 

 

シュークリームロケッツ

画像をクリックすると動画が始まります

【MV Short Ver.】想像上のフルーツ/シュークリームロケッツ

 

一番顔面偏差値が高い!とかアイドルらしい!との声が多い、王道アイドルユニットです。メンバーの中の2人が「ラストアイドル」初期メンバーでした!

 

ねこじま的ポイント

「人気な理由が非常に解せる」なグループ。バランスもいいし、なんてったって可愛いし、一人一人が人気。

 

ただし、世界観が最初から完成されちゃってるという、ある意味難点はあります(※ドルヲタは成長を楽しみたがる生き物)

 

 

someday somewhere

画像をクリックすると動画が始まります

【MV Short Ver.】Again & Again/Someday Somewhere

 

ラストアイドルの元センターと、元メンバー・挑戦者5人で構成された、6人組ユニット。顔面もコンセプトも透明感がすごい。

 

ねこじま的ポイント

サムサムはメンバー全員が美少女。

 

センターの間島ちゃんは、元ラストアイドルのセンターなんですが、特別美少女って感じじゃないんだけど、不思議な魅力があってなんだかんだ目を惹く子

f:id:nenenekojima:20180510111854j:plain
間島和奏(Someday Somewhere)

 

猪子ちゃんは、ただの私のタイプ。

f:id:nenenekojima:20180510111856j:plain
猪子れいあ(Someday Somewhere) (@SomeSome_reia) | Twitter

 

あと、間島ちゃんが怪我をしてしまって座って踊りながらPVを撮ってるのが、逆にセンターの神々しさに繋がっててイイかんじです。 

 

 

Love cocchi

画像をクリックすると動画が始まります

【MV Short Ver.】失恋乾杯/Love Cocchi

 

5ユニットの中で一番最後に出来たグループ

 

唯一、挑戦者のみで構成されたグループでラストアイドルメンバーがいないのはちょっと不利でした。

 

自分たちでも「人気度が一番下だと思う」と言っていました…!でもここからだよ大丈夫。おばさんは応援してます。

 

ねこじま的ポイント

個人的には、センターの山本ちゃんビジュアル・歌・ダンス・表現力・真剣度すべて満点で100点をあげれるため推してます。

f:id:nenenekojima:20180510111848j:plain
山本愛梨(LoveCocchi)

 

なんてったってこの子、モー娘。の元エース鞘師里保ちゃんを輩出した「広島アクターズスクール」の出身なのです。

 

あ〜そりゃハロヲタにささるわけだわ〜

ハロプロ好きな人は好きになっちゃうでしょうに100票。

 

 

次来るアイドルナンバーワン候補

そして私は、このラストアイドルファミリーが、AKB48なり、ももクロなり、乃木坂46欅坂46次に来るアイドルだと思っています。

 

ハロヲタだし、ハロプロが勝てる世の中がきてほしいし、こんなこというのは切ないけど、でもやっぱり運営の力とか、時代の流れを読む力って大事なんだよねぇ。(切ない)

 

ラストアイドルが流行ると思う理由」をここに書こうとしたら、あまりに長くなっちゃったので、ここには書かず別記事にしました。

 

この記事はラストアイドルの魅力」というより「流行るアイドルの法則」みたいな理論を熱弁してる記事です。

 

 

個人的には、アイドル好きには面白い内容だと思うので、ここまで読んでくれたなら是非!こちらもご覧ください〜〜〜

 

 

まとめ

ラストアイドルの概要はお分りいただけたでしょうか?

 

個人的には、アイドルの紹介ってなんのバイアスもない公式サイトとかの説明より、ヲタクが語ってる主観丸出しの記事の方がわかりやすいし面白いと思ってます。

 

というか、私はそういう記事を読むのが好きです。

 

自分の好きなアイドルグループが、世間でどのような評価を得てるのかを見るのが好きだし

 

ハマりそうなグループの魅力も、既にヲタの人から熱く(だけどわかりやすく)語られたい派!です。

 

なので自分でも書いてみました。(とっても楽しかったです。)

 

ということで、はい、ねこじまでした。

 

 

 ▼ 人気のアイドル記事一覧

 

 

 

 

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてね。最近は顔出し英語動画など載せてます!