【保険証がない】帰国直後に病院に行ったらどうなる?【体験談】

f:id:nenenekojima:20190530193817p:plain

 

こんにちは。ねこじまです。

 

今回は、「留学から帰国後に困ったこと」編として、ブログを書いています〜U^ェ^U

 

留学から帰国後、わからないことや困ったことがあるたびにググっているので、私自身の体験談も載せておけば誰かの役に立つとおもった次第です。

 

ということで今回は、帰国後すぐに溶連菌にかかり、住民票も健康保険証もないまま病院に行かなくてはならなかった、ねこじま体験談です。

 

 

 

 

最初に簡潔な情報

一番最初に結論から言っておくと、

 

健康保険証が今手元になくても(まだ発行していなくても)病院に行って大丈夫です!

 

一時的に全額病院のお金を払わないといけませんが、その後、市役所で保険証を発行したあとに病院に再び来れば、返金してもらえます。

 

私の辿った行動を書き起こすと、

  • 病院で全額自己負担で診療を受ける(帰国後3日目)
  • 病気をなおす(帰国後4~6日目)
  • 数日後、市役所で住民票・健康保険・国民年金の手続きをする(帰国後7日目)
  • その場で健康保険証をもらえる(帰国後7日目)
  • 病院に再訪し、多く払った分(7割)が戻ってくる(帰国後9日目)

こんなかんじでした!

 

病院はどんな対応か、市役所の手続きはどんな感じか、については下にくわしく書いたので、ぜひ順番に読んでみてください〜

 

 

帰国後すぐに病気編

まずそもそものところを説明しておきます。

 

私は留学に行く前に、市役所で

こんな感じの手続きをしました。少しでも出費を減らしたかったのでね!

 

そんな私ですが、帰国するときの飛行機で喉をやられたようで、帰国してすぐに喉の痛みにおそわれました。

 

(みんな飛行機ではマスクぜったい!して!)

 

 

帰国後すぐに病院に行きたかったものの、保険証がないことが、私を引き止めてしまいました。

 

病院いきたいけど、その前に市役所行って保険証発行しなきゃか。

面倒臭いな、もう少し様子みよう。すぐ治るかもだし。

  

そんなふうに2日ほど自助努力でなんとかしようと、はちみつ大根や、市販の喉スプレーなんかで頑張りましたが、

 

自助努力では効かないレベルだったようで、症状が悪化。2日後には、喉の痛みが本当に果てしないものになり、熱も出てしまいました。

 

 

病院編

あまりにも症状がひどいので「全額自己負担でも仕方ない、とにかく病院にいこう(;ω;)」と決め、病院にかけこみました。帰国後3日目のことでした。(なぞの物語調)

 

病院の受付にて「診察券と保険証をお願いします。」と言われたので 

 

実は海外に行く時に、保険証を返納したんですが、帰国したばっかりで、住民票の転籍の手続きをまだしてないんです。だから保険証もまだないんです。

 

と説明したところ、

 

「それでは本日は一時的に、全額お支払いいただいて、後日、保険証を持って来ていただいたら返金させていただきますね!薬局のほうも同じ対応になります!」と受付のお姉さんに言われました。

 

保険証って、私、忘れたとかじゃなくて今、住民票ないので存在しない状態なんですけど、それでも大丈夫そうですか…?

 

そう聞くと、

 

「はい!まだ手続きしていなくても、本日より前の日付が載ってる保険証と、本日の領収証をお持ちいただければ、大丈夫ですよ!」

 

と言われました。

 

(それは今日中にこのあと保険証をつくらなけれならないってことかな?)
(それとも後日、市役所で手続きしても、帰国日を発行日にしてもらえるのかな?)

 

と、いろいろわかりませんでしたが、病院の受付のお姉さんもわからないだろうなぁと思ったので、

 

とりあいず、診療を受け、全額を支払い、薬を手にして、おうちに帰りました。そして領収証を大切に保管しておきました。

 

 

市役所へ問い合わせ編

その日のあいだに市役所には行けなそうだったので、市役所に電話をして、疑問点を聞いてみました。

 

※ ちなみに私の市では

  • 市民課:住民票などの関係
  • 保険年金課:健康保険の関係

という、市役所内の分担具合でした(?)(日本語下手)

どこに電話しようか迷ったら、つかってください。

 

 

そして聞いてわかったことをまとめると

  • 市役所にて手続きをするより前の日付の入った健康保険証の発行が可能
  • 住民票の転籍手続きには、パスポートの帰国日を参照する
  • 今すぐ来なくても、帰国から14日以内の手続きなら大丈夫

ということでした。

 

 

 

市役所編

そして溶連菌が完治した、病院に行ってから4日目の某日(かくす意味)

 

 市役所に行って

してきました。

 

この手続きの流れについての体験談は、別の記事に書いてますので、そちらを参照してくださいね! 

 

 

 ということで無事に手続きを終え、手に入れた保険証を見た私は、「手続きより前の日付を入った保険証ってこういうことか〜」と、疑問が解消されたのでした。

 

f:id:nenenekojima:20190529215652j:plain

国民健康保険証には

  • 「発行日」欄は発行した日
  • 「適用開始年月日」欄が帰国日(パスポートの帰国スタンプの日)

この2種類の日付が入ってたんですよね。

  

そしてこの「適用開始年月」が、病院に行った日よりも前なので、病院代の7割返金が可能なようです。

 

 

病院編

ということで、後日、ゲットした国民健康保険証と、病院にかかったときの領収証を持って病院に行ってきました。

 

受付にて「前回、保険証なしで診察を受けたのですが、今回保険証を持ってきたので返金手続きをお願いします。」と伝えると

 

すぐに手続きをしていただけました。前回の領収証は没収になって新しい領収証を発行してもらい、差額を現金で受け取りました。

 

そして、お隣の薬局のほうでも同じことをするよう言われたので、薬局に行って、同じように手続きすると、現金が返ってきました。(同じく領収証は没収→再発行)

 

ちなみに薬局では「は〜い!ちなみにいつのですか?ん?5日前!?これまた最近ですね〜」と言われたので、もっと遅くても大丈夫なのかもしれません。(肌感覚ですがね!)

 

ということで、なんなく返金を済ませ、おうちに帰ってきました〜〜

 

 

おわりに

ということで、「海外から帰国後、保険証なしで病院に行った場合どうなる?」というのを、経験談をもとに書いてみました!

 

「健康保険証がないから病院に行かない」なんて当初の私のような選択はしないでくださいね!

 

健康保険証がなくても大丈夫なので、なるべくはやめに病院に行って、風邪をなおしましょう!

 

 

ではでは、ねこじまでした〜

 

 

 

感想など一言でもいただけたら嬉しくてとっても頑張れます!SNSに書いてもらえたら、全力でリツイート・シェアさせていただきます!

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてね。最近は顔出し英語動画など載せてます!