【ねこじまコラム】五月六月集

 

 

私の日常小話集。

 

帰国後、思いのほか、しあわせな日々である。

 

特別でかいことがおこらないけど、平穏な日々を、それなりの充実感で送れてる感。

 

このしあわせのために、アメリカに行ったのかな?とおもったりもする。

 

会社員のときのストレス、無職のときの自身喪失、アメリカでの激動の日々、すべてが雪溶けて、

 

全部に意味があったなぁ〜

 

とおもえる感覚。

 

 

 

ということで、5月〜6月の私の日常を、写真と一言。(もちろん自己満)

 

 

 

バレットジャーナルのカスタマイズ

バレットジャーナルを始めたU^ェ^U

 

昔のいちご新聞の切り抜きと、雑誌の切り抜きのりさことももち貼った。あえてダサめにした。遊び心。楽しかった。

 

f:id:nenenekojima:20190603202920j:image
f:id:nenenekojima:20190603202917j:image


歴代の私の無意味カスタマイズ集を眺める陰キャラごっこしたい。

 

 

令和Tシャツ

勢いだけで作っちゃったU^ェ^U


アメリカで、漢字や日本語の入ったTシャツをオシャレに着てるアメリカ人をたくさん見て「わ~私も日本語T持ってくればよかった~ん」と4ヶ月思い続けてたんだけど


帰国してから、令和Tシャツ欲しいなぁ、どこか売ってるかな?と検索してみて、絶望。(はさすがに盛った)


漢字だと、めちゃダサいのしかなかったの。reiwaだと可愛いのもあるんだけど、いや違うんだローマ字じゃないんだ…とおもった。ので自分で作ろうとおもった。


いつも「これやりたいなぁ」とおもってもアイディアだけで終わるので(例:ねこ語スタンプ)この日は勢いで、PCの無料フォト加工ソフト開いて、デザインして、作った(笑)約1時間。

 

f:id:nenenekojima:20190603203100j:image
f:id:nenenekojima:20190603203104p:image
f:id:nenenekojima:20190603203054p:image
f:id:nenenekojima:20190603203058j:image


相当かわいくて気に入ってる。でぐも欲しくなってきたらしいので(爆笑)2人でおそろコーデしてカルチャー系ごっこスルヨー

 

原価で売ってて本当に私の取り分0だから、別に売れようと売れなくてもなんでもいいけど(自分が着たくて作っただけ)ほしいひといたらどぞ〜

 

ね!こじま ( nenenekojima )のオリジナルグッズ通販 ∞ SUZURI(スズリ)

 

 

アンジュルのムック本

https://www.instagram.com/p/BxzyqQbHl7B/

Instagram post by angermook_official • May 24, 2019 at 10:59pm UTC

 

アンジュルムック、これは買わないといけないやつだとおもって、最寄りの本屋さん行ってみたけど無くて。


店員のおじいちゃんに「アンジュルムックて雑誌ありますか?」と聞いてみたら


「ん?アンジュルムック?初めて聞いたなぁ。」となり


「あ、毎月出てる雑誌じゃなくて、今回だけなんですよ。ないですよね…?」て聞いたら


「というかね、ムックっていうのが一回きりの本のことなんだよね。月刊じゃなくて。ただ、アンジュルって何だろうなぁ?初めて聞いたなぁ。ちょっと調べてみよう。」

 

となってしまった。

 

アンジュル、で区切るわけじゃないんだなぁ〜、とおもった。

 

「アンジュルム、っていう女性アーティストと、ムックをかけたんだとおもうんです…」とごにょごによお伝えし、なんとか伝わったんだけど、

 

帰宅してからも、おじいちゃんの「アンジュルで調べてみよう」の節を思い出して何度か笑ってる。

 

本当はアマゾンで頼めば翌日には自宅に届くし楽なんだけど、おじいちゃんのアンジュルのくだり含めて微笑ましいし、まぁ今時間にゆとりあるし、いっかぁまたこの本屋さん来よう〜と予約したの。

 

無職は、このゆとりがいいよね。これを楽しめるゆとりだけが、今の私の強みだわ。

 

 

駐輪場の謝罪

何回も私が無断駐車してたのがばれて親が管理人に怒られたらしくU^ェ^U

 

アメリカいるときに親から電話きて「帰国したら謝り行きなさい!」と叱られたやつ。

 

もう帰国してからずっと「嫌だな〜」とおもっていて、 

 

自分に非があるのはわかってるんだけど、わかってるからこそ逃げたかったし、向き合いたくなかったの、なかったことにしたいの。

 

でも、お菓子買って、謝り行ってきた。そしたら怒られなかった。向こうは前に母に怒鳴ったので(おたくの次女が無断駐車してるんですけど!?って)逆に気まずそうにされた。私が相手の目を見過ぎたのかもしれない。

 

まぁ今後もう停める気ないけど、今回はいい教訓になった。

 

「あそこ両替機ないからさ〜100円玉見つからないときにずるしちゃって。そのままバレないな?とずるずるやっちゃった。」とパパに言ったら

 

「パパあそこね、自販機で両替してでも払うよ。やっぱそれで商売成り立ってるんだからさ、ずるしちゃだめだよ。」と言われた。そうなのか、とおもった。

 

そして何より、ばれないからとルールをやぶると、あとでバレたときの信頼の失い具合がコスパ悪い。そのあとに感じる気まずさや、謝罪のためのどんよりとした気持ち、100円ちょろまかした割に合わない。

 

なので、人が見ていなくても、ばれなくても、ずるするのやめよ、とおもった。

 

あと、ここまでのモラルを尊ぶの、日本文化を感じたので、私もモラルを大事にする日本人の一員であらねばなぁん、とおもった。

 

 

カフェブーム

無職、カフェ行きまくっている(おごりで)。メンバーは、パパとネネと、たまにママとおばちゃんも。

 

これはご近所カフェ。しいたけフライが世界一美味しかった。

f:id:nenenekojima:20190610153746j:image

f:id:nenenekojima:20190610153751j:image

Wi-Fiまで導入してたので、勉強しにきたりしたいなぁ。

 

これはコメダ珈琲ちゃん。ネネがハマりすぎて道連れにされてる。

f:id:nenenekojima:20190610154019j:image

令和

 

f:id:nenenekojima:20190622221049j:image

 

皆で数字のゲームをやるのが恒例になってる。落ちはない。

 

 

親孝行という名の仕事

去年はこう、親のおごりでカフェに行くたびに、情けなさみたいなものと、働いてない罪悪感みたいなものがやってきて、心から楽しめなかったな。と思い出すの。

 

今思い返すと、去年は本当に謎に苦しかったな。

 

まあそんな去年を、アメリカ行って、帰国して、いま、上書きできているヨ〜〜

 

最近、親孝行って、別に、経済的援助だけじゃないな〜とおもって、本当に胸張りながら奢られてる。

 

親元で一生暮らして親のお金で生きるっていうのは、いいか悪いか人によって意見は違うと思うんだけど

(私はまぁ親にそのお金があり、家族が納得してるなら、外野がとやかく言うことではないかなぁと思うマジデ) 

 

少なくとも、一時的に、一緒に暮らし、親のお金でご飯を食べようと、親のお金で一緒に出かけて話聞いたり、楽しいことしたり、

 

それも立派な親孝行だよなぁと、思うようになった。

 

だって就職して一人暮らししてそのまま結婚しちゃったら、親と過ごすことなんてほとんどないわけで。

 

そんな現代社会で(話を大きくする女)無職になって親元帰ってきて過ごすの、親さえ楽しんでれば、親孝行じゃない?と思うのであった。

 

なので私は毎週、お仕事U^ェ^U くらいの気分で親とカフェに行ってま〜す。

 

ありが帰ってきてから家が明るくなったとか、ありが家にいるとおもうと家に帰るのが楽しみとか、もっぱら評判なので(家族内で)すごく自己肯定感あがってる。そろそろ富士山超えそう。

 

去年は家で一人で頑張ってたら「ニート!」と怒られたのに、今年は(頑張りはしてるけど)ニコニコ親と一緒にでかけて奢られたら、これだもんな。

 

世の中、難しく考えるとよくないな。誰のお金でもどんな生き方でもニコニコしてれば皆によくされるし、それでいいのか。

 

と悟った6月の私であった。

 

(一応言うけど、税金や友達と遊ぶお金は自腹だよ!(ギリギリのプライド))

 

f:id:nenenekojima:20190622222801j:image

 

 

ママと私

仲良くなりました。理由は、帰国後、私がままの話を聞くようになったから。

 

留学前はママと合わないとおもったからあんまり相手にしてなかったんだけど

 

帰国後、同じ部屋で寝るようになって、日本語恋しさからママの話も聞くようになったら、

 

ママが良い人になってきた。今まで相手にしてなかったの、よくなかったんだなぁ。

 

しかも驚いたことに、ママの気持ちがわかるようになってきたの。最近。

 

ハラタに野菜とか食べて欲しくて健康な食事して欲しくて。でも私が心配して何か言ってもうるさいな〜みたいな反抗的な態度とられたりすると、うざくて。こんなに心配してあげてるのに、とか思っちゃって。

 

あ、ママもこんな感じなんだなぁ、と。可愛くて、でも想ってるからこそ想いを理解してくれないと憎くて。そんなかんじ。なんだね〜

 

ということで私のママに対する態度が変わったら、ママの私に対する態度も変わった。よいこと〜

 

 

おばちゃんズ

相変わらずおばちゃんたちと仲良しなので、よく一緒にでかけるんだけど、私の頭が良くなり視野が広がるほど、話が合わなくなってきてるなぁと、感じるよ。

 

だっておばちゃんたちの話、偏ってるし、テレビそのまま信じるし、とくに外国人のこととか海外の話、テレビの受け売りで批判してるのとか見ると、見る目がなくて悲しい。

 

だけど愛に溢れた人たちなのも事実で「蛙の声だーいすき」とか、言ってる、雨の中のおばちゃんカワイイし、ずっと好きでいたい。

 

こういうローカルピーポーを、愛せないと、人間としてだめだとおもう、悟った。


ただ、こういうおばば世代がスマホを持ってる時代に生まれてたら、

 

私が普段理解しがたいと思っている「少しの情報で決めつける」「想像力の欠けた」層になるんだなぁとおもったのも事実。


だから逆にネット上でみる"わからず屋"も、多分リアルで本当に悪者はいないのだろうな、おばちゃんみたいな感じだろうな、などと思ったおばちゃん達の観察日誌。

 

 

お年寄りセンスの高さ

最近、私がこんなに長い目で先を見据えてしまう(見据えられる、でもある)のは

 

おばぁちゃんといっぱい過ごしたからなんだなぁ〜と気づいた。

 

だから世の20代が仕事に明け暮れたあとに気付くものとかに、すでに気づき終わってしまってる。

 

そして世の20代が仕事に明け暮れたことでしか見えない景色を、私は見えない。

 

そんなことおもった〜U^ェ^U

 

 

地域の歴史

無職すぎて(形容詞)、公民館でやってる地元の歴史のイベントにパパと行ってきた。とてもなめてたし、つまらない話を覚悟していたら、思いの外おもしろくて、感動した。

 

地元の有名でもなんでもない神社とか、いろんなところ、巡りたい欲がわいた。

 

同席者は、ひまなお年寄りばかりだったので、20代でこんなイベントに来てしまう自分の暇さが、なんていうか貴重だとおもった。

 

 

たのしかったこと集

でぐとお風呂カフェ、

じゅりりんとお寿司、

どらちゃんとサイゼで語り、

井山と銀魂サンリオカフェ、

ヴェネチアメンの集い、

ニコとりゅーたと東京観光、

が最高級にたのしかった。

 

たのしすぎて、書ききれないので、書かない(新しいスタイル)(めんどくさいだけ)

 

ひとついえるのは、もう本当に友達が好きすぎるなぁ、なんでこんな好きなんだろ?

 

f:id:nenenekojima:20190622220429j:image

f:id:nenenekojima:20190624225226j:image
f:id:nenenekojima:20190622220423j:image
f:id:nenenekojima:20190622220432j:image

f:id:nenenekojima:20190623045717j:image

f:id:nenenekojima:20190624225217j:image
f:id:nenenekojima:20190624225214j:image
f:id:nenenekojima:20190622220417j:imagef:id:nenenekojima:20190624225240j:image
f:id:nenenekojima:20190622220404j:image
f:id:nenenekojima:20190622220409j:image
f:id:nenenekojima:20190622220413j:image
f:id:nenenekojima:20190622220420j:image
f:id:nenenekojima:20190622220407j:image
f:id:nenenekojima:20190622220425j:image

 

 

たらはくんとの日々

あとタラハくんとの週末の日々も。たのしい。

 

だらだらして、ナンプレ探してコンビニ行ったり、料理したり、特筆することもないけど、すきなので書いとくU^ェ^U

 

f:id:nenenekojima:20190621201503j:image

f:id:nenenekojima:20190622220439j:image

てんやの安さ尊くて写真撮った

f:id:nenenekojima:20190622222653j:image

 

 

遊びの制限

ただお金が本当にないのと、時間も試験勉強に有意義に使わないといけないから、無職といえどババババンと誘われるままに遊ぶことは、やめているのです。

 

まだまだ遊びたい人がたくさんいて(尾上さん筆頭)でも闇雲に予定をうめて、勉強ペースとか崩れるとストレスになるから

 

様子を見ながら、遊びの予定うけてる。これが我輩、とても功を奏してるみたいで、すごく生きやすいです。

 

どんどん無職ハックがたまっていくよね〜

 

 

お金(支出)の制限

一回6月の塾講のシフトがでたときに、計算してみて、あまりの稼げなさに、心が折れそうになった日があったよ。

 

だって国民年金18000円とかなのに、私の6月の手取り15000円だったのだもん。

 

あ、生きれないじゃんU^ェ^U

 

となった。

 

シンプルに、世の中、世知辛すぎ〜とおもった。あと、バイト稼げなすぎ〜とか、正社員給料強すぎ〜とかいろいろ。

 

だけど、とても冷静にお金を計算して生きていくことにした。なんとかなった。Netflix解約したりした。貧乏人の健全な判断。

 

なにより一番は、会社員の時に始めた、明治安田生命の貯蓄型保険、解約しちゃった。切ないけど、でもうんじゅう万円手に入った!!

 

本当は30代になったときの、私のへそくりになる予定だったけど、いいんだ〜。試験まではお金のこと考えたくないから、かしこい選択だったと思う。

 

そしてこんなにお金がないなか生きねばならないこの浪人生のような状態を、今年で卒業するの!ぜったいにぜったいに受かりたいの、勉強がんばるの。

 

私とてたまに不安な日がくるし、そこまでしてガイドやりたいのか?と思う日もあるんだけど、もう割り切って、なんも考えないことにしたんだ。とにもかくにも資格とって、その資格の名前の恩恵で生きていけばいいやと。おもうのよ。

 

というかんじで、お金のことと、それに付随する将来の悩みが綺麗にまとまってて、今気持ちおだやか。お金ないけど、"見通しがあるお金のなさ"は不幸ではない。

 

あと、いま月3万円生活を徹底していて、お小遣い帳の残高を3万円に設定して毎月を始める制度を整えた。

 

そう、金はないけど時間があるから、工夫している。

 

(追記:あと来月はまさかの、全部で10万円は稼げそうで(無職にはでかい)、それも安心材料になったU^ェ^U じゅりりんが仕事を作ってくれたりしたので、本当に土下座して靴ぺろぺろしてすりすりしたい。)

 

 

塾のセンセイ

一人称、無職で安定してるけど、6月から塾講始めたの。

 

この感覚うまれて初めてだけど、そんなに苦じゃない。バイトにしろ正社員にしろ仕事を好きだったモーメントうまれてから一度もないから、新しい感覚。

 

私、人に教えるの、得意だし向いてるんだなぁ〜と改めて。あと昔より責任感も育ってるのと、昔より頭良くなったから効率的に動けるのと。

 

ただ慣れた頃にしくじるのが私の伝統芸なので、いまこそ気をつけよう、というかんじ。

 

でも今のところ楽しい。生徒が英語わかってくれるのとか、私自身の過去の勉強が役立ってると感じるのとか。楽しい。

 

ちなみに来週歓迎会も開いてもらえるらしいU^ェ^U ひさびさに社会復帰した人間みたいな気分、こそばゆい。

 

 

日本史漬け

ハローの歴史の授業ことしも始めた〜!

 

6月入ってから毎日やってる。

 

去年は8月オンリーでゼロからあの量やったとおもうと(しかも地理も)ほんとすごかったなと、ほんと効率悪かったなと、おもう。

 

今年はゆとりがあるので、去年よりスピード落とせてるし、一個一個を深く、ゆっくりできてて、とても順調。正直たのしい。

 

絶対受かるといいな〜、頑張ろう〜

 

あと記憶があるうちに、歴史検定とか受けて資格を無駄に取得するの、いいかもな〜といま思いついた。そうしようかも!(日本語下手)

 

 

おわりに

以上、私の徒然なるままに、でした。 

 

f:id:nenenekojima:20190622221715j:image
f:id:nenenekojima:20190622221729j:image
f:id:nenenekojima:20190622221722j:image
f:id:nenenekojima:20190622221725j:image

 

 

令和嫌なニュースばっかりで嫌になっちゃうけど、がんばって生きてこ、未来よくなれ