2017/11/02


wantedly people

てゆう、名刺管理アプリがスゴイ、、、

名刺をスマホのカメラでスキャンして
2秒後にはデータ化して
スマホに保存してくれるの

わたしこれによって持ち歩いていた
100枚以上の名刺を捨てれるの、、!

エリア引き継いだ時紙ベースで必要かな、、
ておもったけど、
ログインすれば他の人も見れるんだって。
優秀かよ〜



こゆう、大企業に勤める人が
日々ストレスに苛まれる部分を、

ベンチャーの人がフレキシブルな発想と
意思決定早そうな企業風土で
すぐに商品化?サービス化?して
世の中をまわしてくれるのだね、、、

ありがたい、、 



しかも、驚きすぎたのは、
自分の情報登録できるんだけど、

ためしに自分の名刺スキャンしてみて
上げていたら、求人まで来てた、、

あとフェイスブックと連携してたから、
あすかくんと、志村の名刺も見れた



世の中、名刺交換をネット上で行う日がくる

とゆうかその時点で、名刺の概念が
わからないけど笑

情報流出と同じだし笑



でも、よくホリエモン的な考えの人々が
「情報発信しなさい」てゆう理由は
これでわかりました。

そのうちフェイスブック以上にオフィシャルな
自分のページ?とかをそれぞれが持ち、
そこで気の合う人を探し、ビジネスを、、
みたいな時代もきそう

一部ではきてるのだろうが、
もっと当たり前に。

わたし、先見の目あるからな〜



あとね、情報発信してる人のブログ見ると、
ブロガー同士でお互いのこと紹介しあって
お互いでアクセス数?を補ってるの、

ようはバーターなの、お互い。

それって何のメリットが?
それで稼ぎになるの?ておもうけど、

そっか、ブロガーになりたい人が増えれば
(ブロガー需要?市場?が伸びれば)
永遠にアクセス数は増えるのか、、と、
気づいてしまいました。

AさんとBさんが、バーター同士で、
ブロガー市場が今後伸びなければ
何も起こらないんだけど、

伸びる限り、ブロガーは
収益がアップし続けるの

だってブロガーになりたい人は
ブログを見るでしょ?

ブロガーは「ブロガーってこんなに楽しい」
て発信し続ければいいの、、

ネズミ講ではないけど、
悪い意味じゃなくそういううまい図式が
見えちゃった。わたしスゴイ良い勘の持ち主